“ものづくりのまち” 新潟県三条市より、工場直送にてお届けいたします。

白紙鋼 柳刃210mm右[水牛桂 木柄] HY-210S

14,000円(税込15,120円)

定価 14,000円(税込15,120円)

購入数
柳刃は、もともとは関西で使用されていた型ですが、今では全国的に広く愛用されている刺身庖です。
刃の形状が柳の葉に似ていることから柳刃庖丁と呼ばれるようになりました。
(関東では、同じ用途で「蛸引き」と呼ばれる先端が角張った包丁を使用していました。タダフサにも在庫あります)
白紙鋼の包丁は、青紙鋼にくらべて研ぎやすく、切れ味が心地よいため、調理人にも愛用者が多い。



・サイズ:刃渡り210mm
・ブレード:2層[鋼:白紙2号/地金:極軟鉄]
・ハンドル:水牛桂 木柄

※お買上げ前に、「庖丁工房タダフサ」webサイトもあわせてご覧ください。

おすすめ商品