“ものづくりのまち” 新潟県三条市より、工場直送にてお届けいたします。

出刃150mm右[プラ桂 木柄] KD-150

8,500円(税込9,180円)

定価 8,500円(税込9,180円)

購入数
出刃は、魚をさばくときに使用する庖丁。
峰(背中側)が暑くがっしりした印象で、なんでもザクザクと切れてしまいそうですが、
刃先の作りはとても薄く、乱暴に叩き切りしたりすると刃こぼれを起こすこともあります。
このような場合は、峰に手を添えてグッと押すように切り分けるようにしてください。
刃渡り15cmほどあれば、大抵の魚はさばくことができます。

大きさや厚み、微妙な型の違いで、小出刃や鮭切り、解剖丁、加工出刃など、
同じ片刃でもさまざまな製品があります

手入れが悪いと錆びますが、地金が鉄のためご家庭でも研ぎ直ししやすい製品です。
身体に必要な鉄分も摂取できます

・サイズ:刃渡り150mm
・ブレード:2層[鋼:炭素鋼/地金:極軟鉄]
・ハンドル:黒プラスチック桂 木柄
・銘:「マルに寅 忠房」
 「マルに寅 忠房」は、お客様に広く親しんでいただける家庭用庖丁の刻印/銘。
「寅」の字は、タダフサ創業者 曽根寅三郎を由来とし、40年近くお客様に愛され続けています



※お買上げ前に、「庖丁工房タダフサ」webサイトもあわせてご覧ください。

おすすめ商品