“ものづくりのまち” 新潟県三条市より、工場直送にてお届けいたします。

青紙鋼 特製菜切角型165mm[水牛桂 木柄] HHN-165A

12,000円(税込13,200円)

購入数
菜切庖丁は、日本で昔から馴染み深く愛用されてきた庖丁です。葉物野菜などを切る際に重宝します。
最近では、同じ役割を持つ万能:三徳庖丁をお使いの方も増えてきていますが、角型を使ってみるとなかなか便利。
根強いユーザーがたくさんいらっしゃいます

切刃に青紙鋼を採用した庖丁は、本職の調理人向けの庖丁ですが、料理にこだわりのある方にもオススメです。
硬度が高く、白紙鋼とくらべて研ぎにくさを感じるかもしれませんが、その分、鋭い切れ味が長く持続します


・サイズ:刃渡り165mm
・ブレード:割込3層[鋼:青紙2号/地金:極軟鉄]
・ハンドル:水牛桂 木柄


◎「庖丁工房タダフサ」の庖丁は、鋭い切れ味をお楽しみいただける分、普段の手入れに少々注意が必要となります。切れ刃には鋼(青紙鋼)を採用しているため、手入れや保管環境によって錆びが発生する場合があります。手入れや保管環境によっては、一晩でも錆びが発生することもあります。心地よい切れ味とともに、お手入れや研ぎ直しもあわせてお楽しみください。


※お買上げ前に、「庖丁工房タダフサ」webサイトもあわせてご覧ください。


■普段のお手入れ
・ご使用後はお湯で庖丁全体の汚れをよく洗い落とし、水気を十分に拭き取って安全な場所に収納してください。
・漬物・レモンなど塩分・酸性の強い食品を切った場合は特に汚れをよく洗い落としてください。
・食器洗い機・食器乾燥機・電子レンジ・オーブンなどの中に入れないでください。破損の原因になります。
・最初は切れる刃物も使うたびに少しずつ切れ味が悪くなります。3か月に1回は砥石で研いでください。研ぐことが苦手な方は弊社にお任せください

おすすめ商品